イタリア製石材再研磨機2
前回に引き続きイタリア製石材研磨機についてです。

今回はもう一台の『UFO』という名称の研磨機
についてお伝えします。

特長は下記4点です。

①御影石・セラミックタイルも再研磨可能
 国内で一般に使用されているUFOと同じ
 サイズの8インチポリッシャーは、もと
 もと洗浄用なので石材研磨として使うには
 若干役不足です。
 大理石や石灰岩などのやわらかい石種であれば
 十分使えるのですが、さすがに御影石やセラミ
 ックタイルの研磨として使うには難しいです。
 トルクが少ないのが難点ですし、強く押さえると
 回転が止まってしまいます。それに対しUFOは
 もともと石材研磨を目的に開発しているので、
 低速でもトルクがあり申し分ありません。
 
 また、写真を見るとわかるように100Φの
 ダイヤモンドパッドがそれぞれ回転するので、
 ハンドポリッシャーと同じような艶やテリが
 出ます。御影石の研磨経験のある方なら
 わかるかと思います。
 ここが大きなパッド台1枚に何枚かのダイヤを
 貼る一般的なポリッシャーとの大きな違いです。
 この違いは、実はとてつもなく大きいのです。

②回転速度が変えられる
 ウォーターファイヤーと同じ仕様です。
 これも素晴らしいですね。
 
③給水タンクが付いている
 この小ささで給水タンクが付いてるメリットは
 計り知れません。
 わかる人にはわかるはずです。



④重量
 小さい割に26kgとかなり重いです。
 重さがある分安定しますし、艶も上がりやすい
 メリットがあります。まさに石材研磨として
 開発されたことを実感できる重さです。



ウォーターファイヤーとかUFOとか、ちょっと
とぼけたネーミングですが、2台とも個人的には
とても魅力的な機械です。
石材研磨機というニッチなマシンを日本国内に
輸入し、コンスタントに販売し続けるためには、
クリアすべきハードルが数多くあります。
かなり困難が伴うのだと私にだってわかります。
でも、このユニークで独創的なクリンデックス社
のマシンを日本国内でも安心して使えるように
なれば、最高なんだが…と考える今日この頃の
私です(笑)




研 磨 | No.526 新井田   2018/12/05(Wed) 13:44:12
題名   名前
画像認証 seqimage 画像に表示されている数字をご記入下さい。
修正用パスワード  
管理用