世界最先端の究極のカーコーティング
なぜボディコーティングだけなのか?
車のエクステリアはボディだけではありません。
ホイール、アルミ、ステンレス、ゴム、ガラス、
ポリカーボネートなどいろいろな素材が使われています。
インテリアに関しても本革、人工皮革、樹脂、ファブリックなど
様々です。本来は車のコーティングといえばボディだけではなく
これらの素材を丸ごとコーティングというのがあるべき姿なの
ですが、カーコーティングというと、なぜかボディのガラス
コーティングだけがもてはやされており、他の素材はほとんど
無視されているのが現状です。
そこで、今回はそれぞれの素材ごとのおすすめのコーティング剤を
ご紹介したいと思います。

ボディ、ホイール(金属)へのコーティング剤
こちらのコーティング剤がおすすめです。

マイクロシーラーセラミックガードNEO

日米独の最先端の無機化学のコラボから生まれた究極の
カーボディ用ガラスコーティング剤です。国産のガラス
コーティング剤のレベルをはるかに超えたモース硬度7
(15H相当)というガラスコーティング業界最高の硬度を誇ります。
特殊な分子構造により塗装内に含まれる微量な水分の放散を
促し、素材との密着強度がいつまでも変わりません。有効成分が
ほぼ100%で、新車時に施工すればノーメンテで5年以上効果が
持続します。セラミックガードNEOは、現在広告らしい広告はしてませんし、国内のほぼフランチャイズ化しているカーコーティング業界では全くの無名ですが、すでにアメリカ、マカオ、韓国、シンガポール、香港などでは高く評価され始めており、現在販売先の95%は海外向けとなっております。
公共試験データ


ガラス、鏡(ミラー)のコーティング剤
こちらの製品がおすすめです。

マイクロシーラークオーツガード

詳しくはこちらをご覧ください。
ガラス・鏡の水垢防止方法


ゴム、本革、人工皮革、樹脂のコーティング剤
こちらの製品がおすすめです。

マイクロシーラーマルチガード

今までコーティング剤を施工する素材としては考えられなかった
ような素材へのコーティング施工が可能となりました。
溶剤臭が軽減されており、ストレスなく施工が可能です。
<車のラバースポイラーに施工した例>




撥水や輝きを求めるなら
こちらの製品がおすすめです。

マイクロシーラーE-バリア

電気の力で汚れを防ぐ画期的なアイテムです。
E-バリアを施工することにより、常時素材がプラスの電荷を
帯びた状態になり、汚れ成分もプラスの電荷を帯びているため
それぞれが反発し合い汚れがつきにくくなるメカニズムです。
ツヤ感もよりアップし、撥水効果も5年以上持続しますので
親水ではなく撥水効果を求めるのであれば特におすすめです。

これが現在考えうる理想的なカーコーティングの
究極のスペックだと思います。



管理用