カーボディの樹脂の白化の対処方法
最近は新車・中古車を問わず、車を購入すれば見積書に
当たり前のように記載されているガラスコーティングですが、
持ってせいぜい1年が相場らしいです。
それに対し青空駐車・ノーメンテで5年以上の耐久性を誇る
セラミックガードNEOのすばらしさに、我ながら改めて
感心しきりの今日この頃です。

さて、今回は経年劣化で白化したボディの樹脂部分を
新品時の黒々とした状態に戻す方法について説明をします。
こちらは10年落ちのスズキワゴンRのフロントバンパーの
白化した状態です。フォグランプ部分も白化しています。



これを黒々とさせるコーティング剤は、気休め程度のものは
ごまんとありますし、多少耐久性のあるプロ仕様のものも
持って1年です。その白化した樹脂を5年以上黒々とした
状態にキープできるのがマイクロシーラーレジンガードです。

こちらが施工後の状態です。



カウルトップにも塗ってみました。


樹脂の白化にお悩みの方は、是非お試しください!



管理用