アルカリ電解水のデメリット

アルカリ電解水は手荒れがしにくい、環境負荷が低いなど
いろいろなメリットがある反面、デメリットもあります。
特に問題となるのは、業務用(プロ)としてアルカリ電解水を
使用する場合のデメリットです。

①汚れの再付着
 アルカリ電解水は、汚れは除去できても汚れの再付着を
 防ぐ効果がないため、例えばアルカリ電解水をつけ置き
 洗浄として使用した場合、汚れ(油)が浮いたところで
 すぐにすすぎ洗いをしないと、また元の状態に汚れが
 再付着してしまいます。

②泡が出ない
 ご承知のように通常のアルカリ性洗剤は、泡が出るため
 垂直面に噴霧した場合ある程度素材に留まる役目を果たし
 汚れがより分解しやすくなりますが、アルカリ電解水は
 まったく泡が出ず噴霧するとすぐ流れ、少々イライラします。

③アルミ・真鍮には使えない
 アルカリ電解水は基本的に水そのものなので、つい気軽に
 何にでも使いがちですが、浸透力が強くpH値も高いため
 アルミサッシや真鍮に噴霧すると変色する危険性があります。

以上の3点が大きなデメリットといえます。


これを解消するには、①、②の問題に関してはマイクロ
クリーナーピュア
マイクロクリーナーマイルド
10%程配合すると良いです。
アルミや真鍮のクリーニングには、マイクロクリーナー
ストロング
を使用することで問題なく作業可能です。



クリーニング | トラックバック 0 | レス 0  2018/06/07(Thu) 13:42:43
管理用