劣化しやすい石灰岩のコーティングはお早めに!
都心にあるタワーマンションのエントランス外部の
石灰岩の汚れ落としのサンプル施工に出向きました。
まずは写真をご覧ください。


ひどい黒カビです。
石は土壌の約123倍ものバクテリアが生息しているため、
このようなカビやコケが発生しやすいです。
写真上部に四角く綺麗になっている部分がありますが、
こちらのマンションを管理している清掃業者の方が
シミ抜きをした状況です。綺麗にはなっていますが
まだ黒っぽい汚れが残っているのがわかるかと思います。
この状況では、管理組合としてはあまり綺麗に
なっていないと判断し、弊社に相談が来た次第です。

こちらの建物の清掃を担当している業者さんは
ストーンマスター商品を購入して頂いている
お客様なので、違う切り口でクリーニング方法を
提案してきました。
施工はこちらの清掃会社で行う予定です。

マイクロポリッシュハンドパッド#400
研磨をしてみました。

汚れは完璧に取れましたね。
通常、清掃会社の方はこのような汚れは洗剤で
落とそうと考えがちですが、表層は風化しているので
このような場合ダイヤモンド研磨が最適なのです。

次にマイクロポリッシュハンドパッド#800で軽く
磨きをかけた状態です。

もともと艶なし仕上げなので、このくらいの艶で
十分かと思います。


最後にマイクロシーラーインナーガードプレミアム
塗布しました。乾燥までに2〜3時間かかるので
今日はこれで撤収です。
乾けば風合いはまったく変わりません。




クリーニング | トラックバック 0 | レス 0  2018/04/17(Tue) 11:19:47
管理用