防滑施工に欠かせない重要なポイント
今回は久しぶりにマイクログリップについてご説明をしたいと思います。

マイクログリップには3つのタイプがあります。

①表面をエッチングさせるマイクログリップ
②透明滑り止めテープのマイクログリップテープ
③骨材入りの透明塗料マイクログリップコート

今回はマイクログリップについてです。
先日C.S.R値(滑り抵抗係数)の測定をしたので、実際の現場での
測定状況を交えながら説明をしたいと思います。

こちらのフロアーは神奈川県内にある駅構内です。
ご承知のように、公共交通機関のフロアーに使用される素材は
磁器タイルが圧倒的に主流です。コスト・耐久性・メンテナンスの
容易性など総合的に考えると磁器タイルに代わる素材は今後
なかなか現れないような気がします。

ただ磁器タイルの数少ない問題点として、雨などによる水が介在した
場合の滑りやすさが挙げられます。そのような問題を解決するために、
最近は凹凸のある滑りにくい磁器タイルも増えてきてはいますが、
今度は「汚れやすくなってしまった」「糸が引っ掛かりモップが
かけられない」などの問題が発生しており、残念ながら磁器タイルは
いまだにあちらを立てればこちらが立たずという状況のようです。

さて、マイクログリップの話に戻ります。
防滑トリートメント剤はいろいろなメーカーから販売されており、
フランチャイズでも御影石用、タイル用、コンクリート用など素材別に
ありますが酸に弱い大理石には使用不可の製品がほとんどです。
それに対しマイクログリップは大理石はもちろん、あらゆる無機系の
素材であれば(金属は除く)すべてマイクログリップ1本でOKという
優れものです。マイクログリップは公共交通機関での施工実績があり、
今回の現場も今月後半にマイクログリップによる防滑施工を行うことは
決定済みなのですが、前もってC.S.R値を測定してほしいとの依頼を受け、
先週金曜日に弊社が測定に出向きました。

まずは施工前の数値を測定します。


乾いた状態の数値が0.60
濡れた状態の数値が0.43でした。

C.S.R値は0.40をクリアしていればギリギリOKなのですが、
特に公共交通機関の場合は最低でも0.50をクリアするのが条件のため、
上記の数値は濡れた状態では危険ということになります。

次にマイクログリップのサンプル施工に移ります。
まず有機系の汚れを除去するためにマイクロクリーナー
ディープストロング
で洗浄します。


泥汚れを除去するだけでだいぶ明るくなりますね。
次に無機系の水垢除去をするためマイクロクリーナー酸性ストロング
クリーニングし、最後にマイクログリップで防滑施工を行います。



施工後のC.S.R値を測ります。
タイル4枚それぞれの値を測り、平均値を出しました。
濡れた数値が0.63
乾いた状態が0.63と、同じ数値でした。
つまり、濡れた状態も乾いた状態もほとんど数値が変わらない
という結果になりました。素材感もまったく変わらず艶もキープされ、
数値も変わらなくなりまさに理想的な状態です。

C.S.R値の測定をご希望であれば、是非ご一報ください。
マイクログリップでの施工をご検討の場合に限り
弊社でC.S.R値の測定にお伺いします!



滑り止め | トラックバック 0 | レス 0  2018/12/10(Mon) 11:38:42
管理用