イタリア製石材再研磨機のサンプル導入
石材再研磨機の世界ブランド、イタリアのクリンデックス社の
マシンを2台サンプルで購入しました。
以前から使ってみたかったマシンなので、いい歳をして
久々のワクワク気分です(笑)




まずはハンドポリッシャーのウォーターファイヤーというマシンです。
特長は下記の通りです。

①キャスター付き
 市販されている石材再研磨用ハンドポリッシャーには
 キャスターが付いているものはありません。以前、簡易型でしたが
 三和研磨さんがキャスター付ききららを販売されていた時期があり、
 私はそれを3台購入し、気に入ってよく使い、すべておしゃかにして
 しまったほどでした。確かに腕が上がればキャスターは補助具のような
 もので必要はないという意見はありますが、やはり完璧に水平に
 レベリングされた状態で研磨をする方が、キャスター付きハンド
 ポリッシャーのヘビーユーザーから言わせていただくと確実に
 綺麗に仕上がります。

 ウォーターファイヤーには上下左右をチェックできる水平器が
 2つ付いており、なかなか本格的です。


②スピードコントローラー付き
 これも三和研磨さんのキャスター付ききららを使っていた時の
 マストアイテムだったものです。ウォーターファイヤーは
 無段階のスピードコントローラーが付いています。
 私にとってはまさに垂涎のアイテムです。


③給水可能
 写真でわかるように、ヘッド部分にホースをつなげれば
 水の供給が可能です。マイクロポリッシャー用の
 電動タイプの給水機とジョイントすれば最高でしょうね。

④ルックスが良い
 このメカメカしいインダストリアルデザインは、なんとも男心を
 くすぐられるデザインです。何人かの知人にウォーターファイヤーの
 写真を送ったところ、食いつきが半端なかったです。

ヘッドの角度を変えることができます。



デメリットとしては、重さと価格の高さが挙げられます。
重さは石材研磨には必要不可欠なので目をつぶれるにしても、
価格はまだ正式に販売価格が決まっていないためはっきりとは
言えませんが、ざっくりストーンマスターポリッシャー1台分です。
まさに石材再研磨機のフェラーリともいえそうな価格です。

さて、何度か使ってみて感じたことは、それなりに良いことは
良いのですが、残念なのは取っ手部分をどれだけ押し付けても
ヘッドがほとんど加圧されない点です。
しっかり圧をかけるには、ステンレスのヘッド部を押さえる
必要があります。これが意図されたものなのか、根本的な
設計上のミスなのかはわかりませんが、私はちょっと不満です。

次回はもう一台の8インチポリッシャー『UFO』について
お伝えしようと思います。



研 磨 | No.525 新井田   2018/12/03(Mon) 15:09:00
題名   名前
画像認証 seqimage 画像に表示されている数字をご記入下さい。
修正用パスワード  
管理用