大谷石・十和田石に最適なコーティング剤とは?
日本国内でしか産出されない代表的な石種として
大谷石と十和田石があります。
大谷石 十和田石
これらの石は、石材業界では「凝灰岩」という区分に
分類されています。
堆積岩が砕屑岩に分類され、砕屑岩はさらに粘板岩と
砂岩と凝灰岩に分類されます。その中のひとつが
凝灰岩です。
もし天然石材の詳しい分類に興味があるようでしたら、
是非『石とメンテナンス』をご一読ください。
各種建築石材を頭の中ですっきりと分類することが
でき、ポジショニングがわかります。

さて、前置きが長くなりましたが、凝灰岩である
大谷石や十和田石は、数ある石材の中でもやわらかく
とても吸水性が高いのが特徴です。そのためお風呂場
などの水回りに使用すると、カビや苔、ヌメリが発生
しやすく、メンテナンスが厄介です。
ではそのような水分を吸いやすい凝灰岩の吸水性を
長期間防止するためには、どのようなコーティング剤が
最適なのでしょう?

それはマイクロシーラー水性インナーガードです。

水性インナーガードは、もちろん水性なので臭いもなく
無機系のため劣化することもほとんどありません。
特殊抗菌剤が配合されており、長期間カビやヌメリを
防止することができます。

十和田石の中央に水性インナーガードを垂らした石に
水をかけてみると…

魔法のように水をはじきます!
垂らした際に跳ねた部分もしっかり撥水していますね。



コーティング | No.499 新井田   2018/07/06(Fri) 16:06:21
題名   名前
画像認証 seqimage 画像に表示されている数字をご記入下さい。
修正用パスワード  
管理用