バーナー仕上げの御影石にシミをつけなくする方法


こちらは原宿の竹下通りにほど近い、とあるインテリジェント
ビルのフロアーです。場所柄何かと食べこぼしや飲み物を
こぼしたシミが発生するため、このビルの管理会社から
もっとメンテナンスを楽にすることはできないかという
要望があり、サンプリングを兼ねて現場に伺いました。
フロアー全体の写真はないのですが、日々のメンテナンスが
行き届かないのか、使用している洗剤が合わないのか、判断は
つきませんが何となく汚れのムラが散見されました。

これはG684という石種で、御影石の中でも酸に最も弱い石の
ひとつです。コーティング剤のチョイスをどうするかという
ことでしたが、汚れが目立つので自然色仕上げではなく
濡れ色仕上げにすることにしました。
濡れ色仕上げにはマイクロシーラーセラミックガードです。


高級感のある素晴らしい黒みになりました。


しばらく様子を見ることにします。



コーティング | トラックバック 0 | レス 0  2018/05/17(Thu) 16:27:38
管理用