古民家再生プロジェクト2(ボロいヒノキ風呂編)
今回は写真のようにボロボロになった
ヒノキ風呂を綺麗にしたいと思います。


一見古い小さめのヒノキ風呂ですが、もともとは
風呂桶に砂利を目いっぱい入れられたまま、庭の
片隅に打ち捨てられたように置かれていました。
その砂利を取り除き水洗いをして、3年を経て
ようやくここまで綺麗になりました。
それでも写真でもわかるように、内側の藻が
付いたまま一向に変化しなくなったので
以前の記事で紹介したヒノキ風呂のクリーニング同様、
マイクロクリーナーステインリムーバーでどこまで
綺麗になるか試したいと思います。

そもそもなぜヒノキ風呂が庭に捨てられていたのでしょうか。
以前の記事のヒノキ風呂は2階にあり、1階にも
このヒノキ風呂を設置したようなのですが、小ぶり過ぎて
あまり使われなくなり、1階風呂場が結局物置に改造された際、
庭に放置した(捨てた)のではないかと思われます。

砂利を取って水洗いをしたら、板と板の間がほぼすべて5mm以上
隙間があり、水を入れてもまったく溜まらないザル状態でした。
とりあえず水を溜めてみたかったので適当にコーキングを打ったため、
コーキングが筋の様に残ってしまい多少見苦しいのはご勘弁ください。。

ステインリムーバーを塗ってみます。

そしてこのようになりました。


もっと白くすることもできますが、このくらいがちょうど
良いのではないかと思います。しっかりと乾燥させ、今度は
まじめにコーキングを打って、一度使ってみようかと思っています。

もちろん最後はマイクロシーラーインナーガードプレミアム
たっぷり塗布して仕上げる予定です。

ヒノキの耐久性には感心させられますね。



あらゆる素材のメンテナンス | No.325 新井田   2017/05/23(Tue) 09:44:35
管理用