ストーンケアシステムの重要性(研磨編)①

今回石灰岩を含めた石材の際研磨作業を
行なった面積は約1300㎡です。
その中には手間のかかる二十段以上ある階段部分と、
チェックインカウンターも含まれています。
夜の0時から朝方5時までの5時間の夜間作業を
4〜5名で行い、11日間で作業を終えました。

おそらくこのボリュームで通常の石材研磨
作業を行えば、ゆうに20日以上はかかるはずです。
つまりストーンマスターのシステムで際研磨を行うと、
材料費を別にすれば作業人工費を通常の半額以下に
抑えられるわけです。
また、使用したダイヤモンドパッドであるマイクロ
ポリッシュMシリーズは、一般のダイヤモンドパッドの
約5倍の耐久性があります。
材料費だけを考えても市販のダイヤモンドパッドを
使うことと比較すると、大幅なコストダウンが可能となります。

今回の作業は弊社が受注し、施工はストーンマスターの
システムで石材メンテナンスを行っている業者の方に
お願いをし、弊社が施工管理を行いました。
ホテル側に業者の方を紹介してもよかったのですが、
理由があってやめました。
その理由は次回の記事で!



研 磨 | トラックバック 0 | レス 0  2017/04/28(Fri) 10:26:26
管理用