究極のガラスコーティング用アイテム
車のボディーにガラスコーティングを施工する際、プロアマを問わず
塗るための道具はフェルトがついたコーターに、拭き取りは
マイクロファイバークロスを使うのが一般的です。
ただ素人の私がそれらを実際に使ってみての感想については
以前のブログでお伝えした通りです。

そして、ようやく納得のいくオリジナルのハンドコーターと
スエードクロスが出来上がりました。



まずオリジナルのハンドコーター(コーターという言い方が正しいかは
定かではありません。あしからず)ですが、見ての通りフワッフワです。
これならフェルトのように素材を傷める心配はありませんし、吸水性も
あるためコーティングの保持力がフェルトよりもかなりありますので
作業効率もアップします。


拭き取り用のオリジナルスエードクロスですが、セラミックガードNEOは
もちろん、セラミックガード、レジンガード、マルチガードの拭き取りにも
相性バツグンです。一般的なマイクロファイバークロスとは違い、素材に
ある程度コーティング剤が保持できるため、透明度が違います。

ハンドコーターは3月か4月頃の販売予定で、スエードクロスは1月上旬には
販売開始予定です。

本年はこれが最後のブログです。
1年間お付き合いいただき本当にありがとうございました。
来年もご愛顧のほどどうぞよろしくお願いいたします。

良い年をお迎えください。


管理用