15Hの究極で最強のガラスコーティング用アイテム

ガラスコーティング剤の何をもって究極とするかは
いろいろなご意見があるでしょうが、やはり究極の
ガラスコーティング剤に求められる重要なファクタ
ーとしては、「耐久性と硬度」がまず挙げられるの
ではないかと思います。

数あるガラスコーティング剤(ガラス系コーティン
グ剤も含む)の中にあって、10年耐久をコンセプト
として開発した史上最硬度15H(モース硬度7※)
無機100%正真正銘のガラスコーティング剤マイク
ロシーラーセラミックガードNEO
はおそらく究極
のガラスコーティング剤のひとつであることは間違
いありません。

しかし、せっかく高性能な究極のガラスコーティン
グ剤を施工する以上、最高のメンテナンスアイテム
で施工すべきであることは言うまでもありません。

そこでまずおすすめしたいのが、ガラスコーティン
グ剤を施工する前にカーボディに付いた頑固な水垢
を除去するマイクロクリーナーマイルドコンパウンド
です。

研磨材ではなく沢磨材なので、車の塗装を傷める
ことが少なく、水垢も簡単に除去できます。
マイルドコンパウンドはボディだけでなく、フロン
トガラスなどにこびりついた水垢も簡単に除去でき
ます。バスルームの鏡の水垢除去など、いろいろな
用途に使えますので、持っていると何かと便利な
アイテムです。
カーボディに使用する際は、塗装の硬度によって
若干傷が入ることがありますので、必ず目立たない
ところで素材感を確かめながら作業を行ってくだ
さい。

ガラスにこびりついたなかなか除去できない頑固な
水垢には、ストロングコンパウンドをご使用ください。

前処理剤のプレトリートメントがあるとより効果的
です。


そしてもうひとつガラスコーティング施工に必要な
アイテムがマイクロスエードクロスです。

プロアマを問わずガラスコーティング剤の拭き取り
には一般にマイクロファイバークロスが使われてい
ますが、なぜマイクロファイバークロスではなくス
エードクロスがベストであるのかはこちら
ご覧ください。


セラミックガードNEOはもちろん、セラミック
ガード
レジンガードマルチガードの拭き取りに
も相性バツグンです。
一般的なマイクロファイバークロスとは違い、素材に
ある程度コーティング剤が保持できるため、仕上がり
の透明度が格段に違います。

マイクロスエードクロスは弊社オリジナル商品ですが
大量仕入れにより業界最安値の価格設定にしています。
あまりに安価なので粗悪品では?と思われる方もいら
っしゃるかもしれません。
そこで、2~3ヶ月程私が実際にメガネやガラス、
鏡の手垢の除去やピアノ・管楽器などのお手入れ等に
使用してみました。その間何度か水洗いをし、乾燥
させてから使ってもカスなど一切出ることはなく、
かなりの耐久性があることを実感しました。
マイクロスエードクロスはコーティングの拭き取り
だけでなく、あらゆる素材のメンテナンスに使用
することが可能です。


※モース硬度7の試験データはこちら
./image/1543974307_896.pdfPDFファイル



管理用