古民家再生プロジェクト6(コンクリートの劣化防止剤)
こちらの写真は古民家の入り口です。
コンクリート部分に水をかけて濡れた状態です。


洗い出しの玉石が敷き詰められた玄関の入り口前に
コンクリートが打ってあります。実はここに段差があり
車の出し入れが厄介で危険だったため、このような形にしました。
ところでこの玉石ですが、今では大変貴重な那智黒です。
那智黒の玉石といったらもう入手は大変困難な高級なもので、
中国産の似たような黒いものもホームセンターなどでよく
見かけますが、那智黒とは全然黒みが違います。
那智黒は乾いた状態でも黒々としています。

話を戻します。
ちょっとフォーカスしてみましょう。

白く垂れジミになっているところは水性インナーガード
塗布してあるところです。水で濡らした時にわかりやすいように、
わざと垂れたままで乾燥させました。
青いシミ狀のものは緑青です。
つまりこの門の上の屋根部分は、すべて銅葺きなのです!

違う角度からの写真です。

水性インナーガードが塗布されている箇所は
苔が生えず白いままです。これは水性インナーガードに
配合されている特殊抗菌剤の効果です。
未施工の部分は、苔が発生しているのがわかります。

那智黒の玉石に銅葺きの屋根…
この古民家、只者じゃなさそうです(笑)



コーティング | トラックバック 0 | レス 0  2017/10/24(Tue) 09:45:23
管理用